I wanna be with you…

ハルと申します。長瀬智也くんとTOKIOが大好きです!智也の事色々語りたい…

『ボヘミアン・ラプソディ』を観て思った事。どうしても今のTOKIOと重ねるのは仕方がないと思う…

昨日の事になるが、ボヘミアンラプソディを観てきた。

なのでネタバレしますからこれから観る方は読まないでね!

f:id:harurum_11o7:20181122081200j:image

 

 

雨も降ってないし、少し寒いだけなので自転車で行く事にした。ところが軽い生地のスカートにしたらめくれるめくれる。

タイツはいてるし暗いからまあいいやと思ったけど、途中で地下鉄にしようと思うくらいめくれたので、地下鉄にしようかちょっと迷った分遅くなってしまった。

ミッドランドスクエアシネマに行ったらなぜか食べたくなるfish&potato&orangejuice(何故英語)を半分食べたところでアナウンスが流れた。やっぱりロスしたから余裕がなくなってしまった。慌ててfish&potatoをかっこみorangejuiceを持って中に入った。

 

ああこんな私の事情はどうでもいい!

 

 

 

私がQUEENについて知ってるのは、ボーカルがフレディ・マーキュリーって事。あと、有名な曲を数曲知ってるくらいである。フレディがエイズで亡くなった事も知ってる。しかしバンドで何があったか全くと言っていいほど知らない。

そんな私が観た感想なので、深く掘り下げたものではないのだが興味がある方は読んでみて下さい。

 

 

 

とりあえずエンディングでご本人達が出てきて思ったのは、

 

「メンバーから家族からキャストみんな似すぎじゃね?」

 

って事。そしてフレディの口元が始めのうち気になって気になってしょうがなかった。こんな口元だったっけ?

しかしティアドロップのサングラスをかけると一気に〝フレディ・マーキュリー〟になってすげーと思った。

 

 

 

(何だこの小学生のような感想文は)

 

 

 

それから…うん、そうだな。結論から言うと(ここで結論)スケールでは比較にならないほどのスーパースターであり伝説となっている〝QUEEN〟。

だが、やはりバンドの大先輩なので愛するTOKIOと重ねて観てしまうのは、TOKIOが好きならみんな同じだと思う。

 

 

TLにも流れてきて知ってた

 

「バンドは家族」

 

と言う言葉。何度も何度も出てきてそれに続く「何度も喧嘩する」だったか「争う」だったか忘れてしまったけど、こんなのもうまさに『愛!wanna be with you…』じゃないかと思った。そしてその度に胸が締め付けられた。

下手したら…下手しなくても家族より長く時間を一緒に過ごす仲間。

 

 

メンバーとの葛藤に疲れていたフレディは桁違いの報酬のソロ活動になびいて自分を失いかけた。そんな自分に気づいてメンバーの元に戻りLive Aidに出ようと準備し始める辺りからずっとずっと涙が流れて最後までじわじわ泣いてた。

 

Live Aidでの観客の幸せそうな顔。一緒に拳を振り上げ歌い叫ぶライブ。私はやっぱり特定のファンにサービスするライブよりも会場全体を包むファンサが好きだ。全員で盛り上がるバンドのライブが好きなんだと実感した。

確かもう終わってしまった応援上映行きたかったな…ライブのシーンでは立ち上がり一緒に手を叩きたかった。

 

 

Live Aidとは全く規模が違うけど、もっと広い野外ステージにしてもきっと満杯にする事が出来たであろうSUMMER SONICTOKIOにもファンであろうとなかろうとそこにいる観客を幸せにするパワーはある。絶対に。

 

とにかく観たくて観たくて映画館に観に行ったけど、映画の中の台詞と以前智也がナガスタで

 

「ソロでできたらどれだけ楽だろうと思う事もある。だけどバンドが好きなんだ。TOKIOが好きなんだ。」

 

…って言ってたのが重なった。そんなに大切に思っていた『TOKIO』の形が突然根本から崩れ去ってしまったらそのショックの大きさ、メンバーの傷の深さは如何程だろう。そして音をまた作り上げる事の作業の途方もない道のりを思った。

 

 

 

そんな事を考え始めたら、早く早くと言ってしまうけどあまり言っても迷惑かと思ったり、でも言わなければファンが待ってる事が伝わらなくて「誰も待ってないみたいだからもうやらない!」ってTOKIOが勘違いしたら泣くに泣けない。

 

 

TOKIOがバンドをまた以前のようにしてる時に『ボヘミアン・ラプソディ』を観たら

「あーわかるこれ!」

「こんな事あったよね!」

「感動した!」

って心から言えるんだろうけど、今の状態では、観た結果自分がファンとしてどうしていけばいいのか分からなくなって余計に気持ちが複雑になってしまったのである。

 

 

 

多分この映画も版権等の問題がなければ来年くらいにWOWOWで放送されるだろう。その時には

「あーわかるこれ!」

「こんな事あったよね!」

「感動した!」

ってテレビの前で手放しに号泣したい。

鬱ってます。

世の中はクリスマス一色できらびやかなツリーとかイルミネーション(あ、まだ今年は見てないか)とかクリスマスソングで浮かれてるなーって思う訳で。

 

定期的にやってくる鬱ブログです。じゃなくても最近そんなの多いかな。見たくない人はここでm(__)m

 

 

 

 

TLを開く時、最近また祈るような気持ちの私がいる。

 

何か新しい事、流れてこないかな?

何かうれしい情報、現れないかな?

長瀬智也』の何かしらの公式発表、ないかな?

 

ってね…

 

タヒチを見返せば、太一くんが書類みてる〝角度〟てか〝姿勢〟にドキッとして手元を凝視して「あ、紙かよ…」ってなったり。

 

もう私、病的になってる。

 

何ですかね?

誰かにTOKIOは当分〝音楽〟を感じさせてはならないって釘刺されたの?〝ホンの1mmたりとも過去の音楽に触れてはならない〟って通達でもあったの?

 

なんで自分のラジオでさえTOKIOの曲流さないの?…流してないよね?私、エリア的に聴けない事が多いけど、「○○が流れたー!」ってTLが言うのは他の番組ばかり…。

 

もう何回も何回も同じ事書いて嫌だし、読むのも嫌な人もいるだろうけど、言わなくなったらその流れ(そんな流れないけど)を認めてるみたいな気がして、ファンの私すらそんな風になったらダメな気がして…

 

 

あと、智也くん生きてますか?

 

 

リーダーは毎週生放送あるし、太一くんはタヒチビビットあるし、マボは大恋愛やってるし、近況が掴めないのは長瀬智也くんだけなんですが。

 

別にご飯食べてるとこ突撃しないからなにかチラつかせてよ。目情流されてよ。家で風邪ひいてないかよ。自分自身の経験で言うと40代になったら急に体力落ちたから心配だよ。余計な事だけどよ。

 

 

f:id:harurum_11o7:20181121075307j:image

こんなの作って浮かれてた頃。

世の中の移り変わりは激しいから。

何か発信しないとTOKIOがバンドって事忘れられちゃうよ。

水がとても澄んでてキレイだった『モネの池』と毎年ライブに行けるのがあたりまえだった事の幸せ…

今日は旦那と岐阜県関市にある通称『モネの池』を見に行ってきた。

f:id:harurum_11o7:20181118184240j:image
f:id:harurum_11o7:20181118184236j:imageきっと混むからと7時前に家を出て高速を使わず現地に着いたのは9時半頃。道は空いてたけどね。

 

ナビには詳細を入れる事ができなくて、Yahooカーナビも同じだから、うっかり迷って30分くらいロス。

でも面白かったのが、現地を通り過ぎてしまい「さすがにこれは違うぞ」と引き返す途中にあった駐在所。

いったいどこなのか聞こうとしたら

 

「パトロールに出かけています」

 

と札が立ててあって「oh!! no!!!」ってガッカリしたら鍵が空いてる!そして『モネの池』への行き方が手書きで書いて貼ってあった。

 

 

カーナビが頼りにならないからみんな聞くんだろうな。だから手書きで貼ったんだろうな!!でもこれでめっちゃ助かった。お巡りさんありがとう。そして死ぬほど行きたかったトイレも「ご自由にお使いください。」って解放されてたから借りる事ができた。感謝である。

 

 

『モネの池』へは別に焦る事もないから下道で行く予定だったので時間がかかる事は分かっていて、「TOKIOのディスクでも持ってったら?」

って旦那が言ったので、

TOKIO Special GIGs 2006

Get Your Dream〜』

TOKIO 10th anniversary LIVE 2004』

を持っていった。

 

 

結局2枚とも余裕で観られるくらい時間がかかったけど、何もせず集中して観られてうれしかった。

 

 

いつも思う事だけどTOKIOはライブが好きで好きで大好きなのが伝わってきて、キラキラしてカッコよくてかわいくて…

 

 

10周年アニバーサリーで死ぬほど長い『トランジスタGガール』の後、智也が残したこの言葉。

 

「今日は本当にどうもありがとう!

俺達はカッコいいファンを持って

本当にに幸せだ!

これからも10年20年よろしく頼むぜ!

今日のライブは、一生忘れんなよ!

次もまた武道館で会おうぜ!」

 

「その日を楽しみに、

また明日から仕事頑張ろうぜ!

学校も頑張ろうぜ!

嫌なことがあっても

俺達がついてるから

嫌なことがあったら

またライブに来い!」

 

「本当に楽しかったぜ!ありがとう!!」

 

ひと言ひと言区切るようにゆっくり叫んでくれたこんな言葉は、毎年聞けると思っていた。

どのライブでも聞くのが当たり前だと思っていた。

だから、軽い気持ちで「ィェーィ!」なんて返してたけど今はなんて幸せだったんだろうと思う。

 

 

そして最後にファンのみんながサプライズで贈った『LOVE YOU ONLY』と紙ひこうき…

f:id:harurum_11o7:20181118182937j:image

f:id:harurum_11o7:20181118183007j:image
f:id:harurum_11o7:20181118183004j:image
f:id:harurum_11o7:20181118183001j:image
f:id:harurum_11o7:20181118182958j:image

嬉しそうなTOKIO

久しぶりに観たら泣きそうになって旦那が横にいるから泣けなくて涙をこらえるのに苦労した。

 

 

わかってる?

TOKIOはライブをやらなくちゃダメなんだよ。こんなにファンを幸せな気持ちにする事ができるライブをやらなくて何が〝TOKIO〟だよ。

 

ずっと待ってるんだから毎年毎年ずっと。

滑り込みHappy Birthday 茂!ブログ

茂ちゃん、お誕生日おめでとう!

 

しまった!あと15分しかない!

ツイートは準備したのに

ブログ忘れてた!

ごめんね♡

 

f:id:harurum_11o7:20181117235239j:image

 

智也の事はいつまでも

最初に会った頃で止まってるって

よく言ってるね。

ずっと見守ってね。

智也だけじゃなくて

みんなの事、よろしくお願いします。

 

 

信じたくない事があったけど

リーダーの冷静さが

私たちファンも

冷静でいられるように、

公平な目で見られるように

してくれたと思います。

 

ありがとう。

 

 

f:id:harurum_11o7:20181117235650j:image

 

またこんなの着てよ。

まだ似合うよ。

『キンキーブーツ』が観られるのは嬉しいけどTOKIOがいないのはやっぱり寂しい。

昨日は昼間は紅白の出場者発表、夜はベストヒット歌謡祭当日、今朝になってFNS歌謡祭の出演アーティストが発表された。

次から次へとキッツいなぁぁーー(泣)

f:id:harurum_11o7:20181116133102j:image

 

その中で様々なプログラムも発表されていてひとつ嬉しかったのは、ミュージカル特集で『キンキーブーツ』を観られること。三浦春馬ドラァグクイーン〝ローラ〟観たかったんだよな。

f:id:harurum_11o7:20181116132917j:image

…圧が凄い…

 

前回の公演の時に知って、来年4月に再演されると聞き地味に気になってた。

これは録画しなきゃ。

 

 

でもな、第一夜とか第二夜とか?あるからまだ断言はできないけど多分TOKIOは出ないだろう。昨日の太一くんの発言で吹っ切れたと自分では思ってたけど、コラボのメンバーをみてキラキラしたステージを想像するとやっぱりそこにTOKIOがいないのは辛い。

 

私…これは想像と言うかこうあって欲しかったと言う願望だけど、多分きっとどれかの歌謡祭から(紅白はない)オファーはあったんじゃないだろうか?例えばソロで参加するとか。でもきっと彼らは地上波での音楽活動は〝4人のTOKIO〟が最初だと決めていて、だからソロでの出演もない。(茂子さんの諸々はあの日より前から決まってたんだろうし)

 

だろうな…と思う。

想像ですよ。あくまでも。

悲しい想像でしかないけど。

 

 

でもさーでもー!だがしかし!!!

何回だって何十回だって(back numberの歌詞みたい)言うけど何か言って欲しい!

ハガキでTOKIO宛に要望出したんだけどな。

 

 

「ひと言でいいから教えて下さい」

 

 

って。

結局は〝音楽活動について〟何か言って欲しい。ただそれだけなのよ。

紅白連続出場停止だからネタ切れで書いちゃう『下町ロケット』の事。そして1月9日発売の『空飛ぶタイヤ』が待ち遠しい。

辛いな〜辛い。やっぱり紅白出ないのは辛い!

 

f:id:harurum_11o7:20181114170925j:image

でも出たら出たで絶対叩かれるだろう。だからよかったんだこれで。連続出場が切れたのは残念としか言えないけど仕方がない。

 

私ちょっと最近思ってる事があって、4人のTOKIOがバンドで出るのは『テレ東音楽祭』なんじゃないかなって。

『テレ東音楽祭』は初回から太一くんが司会だし、今年TOKIOは出なかったけど継続して司会だった。あの日から1年以上経つ時期にやる番組ってのもあって…。

 

…っていう願望…いや別にもっと早くでも全然大歓迎だし今すぐでも見たいんだよ本当は。苦しいよこれから年末にかけての大型音楽番組ラッシュは。

 

 

さてと、

 

 

もう紅白は関係ない事がハッキリしたから今日はこのブログでもメインテーマと関係ない話をしようかな。

 

 

下町ロケット』の事書いていい?先週の?今週か。この間やってたやつ。ストーリーはここではちょっと無視して演出…の事なんだが、一番言いたいのは

 

〝出演者みんなわりと情緒不安定すぎん?〟

 

という事。それだけ命懸けるくらいの仕事をしてるのは分かる。阿部ちゃんが熱いのはいいんですよ社長だし主人公だし。ボーリング場のシーンは大好きだし。

 

だけど、悪弁護士の先生方が本ぶん投げて物にあたったり、髪の毛掻きむしってボッサボサになったり、血管切れるんじゃないかってくらいハッスルしてて怖かった。日本人であそこまで感情がMAXになる事ってなかなかないのではないだろうか。

 

それからギアゴーストの伊丹社長。裏切りが発覚した後の島津に対する話し方がマインドコントロールされているかのように急に目の動きが無くなって、感情の起伏もなくなって、ホント急すぎてなんかちょっと笑ってしまった。

 

そんな感じで個性が強すぎる登場人物連続出場の中、私はイモトが出てくるとなんかホッとしてあの薄い演技が全体を中和してる感じを受ける。

最初は「イモトかーあんなベテラン勢の真っ只中で大丈夫ー?」って思いながら見てたのだが。頑張ってると思う。

 

原作読んでないしストーリーがどうなって行くのか分からないから最後まで観るけど、これからも感情の起伏に気を取られてしまいそうなのは間違いない。

 

 

 

下町ロケット』を観て同じ原作者と言う事で思い出すのは、やはり映画『空飛ぶタイヤ』の事。監督とか演出の方(演出も本木監督だっけ?)が変わるとこんなに作風が変わるのかとあらためて思った。以前のブログにも書いたけど智也が主演と言うのを差し置いても『空飛ぶタイヤ』が好きで真剣に観た。

 

実際に起こった事件を元にして書かれたストーリーと言うのもあるけど、バックに流れる音楽もキャストの演技も抑えたトーンでリアリティがあったと思う。

ドキュメンタリーを観ているような感じだったかな今思うと。

 

 

本木克英監督が智也の事を「エキセントリックな演技をするなら断ろうと思った」って言ってた記事を読んだけど、それが作品全体のカラーを表していたんだな。

 

f:id:harurum_11o7:20181114172406j:image

 

ああーBlu-rayの発売が待ち遠しい。

最近赤松社長に会いたくて仕方がない。ダサいショルダーバッグを肩からかけて(でもカッコいい)日に日に疲れ切っていく(でも風呂上がりの洗い髪はセクシーな)徳郎さんに。

 

年末はチャチャっと吹っ飛ばして早く1月9日にならないかなー。

 

ヤラカシへの怒りそしてやっぱりTOKIOへの思い

追記

※何故かブログが開けなくなってたので再投稿。ひょっとしてLINK載せたと勘違いされたのかとそこを訂正した※

追記終わり。

 

 

大倉くんのブログを読んで思った。

f:id:harurum_11o7:20181112134849j:image

大丈夫かなあ。身体症状も出ているみたいな記述があるし。相当厳しい状態なのではないだろうか。

 

 

大倉くんは関ジャニの中でも王子様ポジションだったんじゃないかなと言うイメージがある。

そのあたり正直細かいことはよく知らないが、そんなイメージの彼があれほど強い言葉で訴えるなんてブログにも書いてあるとおり限界なのだろう。

 

ストーカー行為は自分ではそう思ってないから厄介で、大倉くんのブログを読んでひょっとしたら「私の事覚えてくれてて嬉しい♡」くらい思ってるかもしれない。

 

恐ろしい事である。

 

人の心を壊してしまうかもしれない自分の行為に気づかない。それどころか正しいと思い込んでるんだよねストーカーって。

 

友達とご飯食べてたら横にいたとかキモすぎる。勝手に手繋いでくるとか彼女じゃあるまいし…

 

「怖い」とまで言わせてしまう事。男の自分より非力であるだろう女の人を「怖い」と思う事。普通では考えられないよ。

もう警察に言ってもいいんじゃないか?『ストーカー行為規制法』の〝付きまとい〟にはならないのかなぁ。警察から厳しく言われれば自分がどれだけ酷いことをしてるのか分かるだろう。こればかりは本人が自覚しなければ意味が無い。(後にTLに流れてきた所によると法律に触れる行為のようですね。大倉くんには顔もバレてるみたいだし是非とも法律で裁かれてください。)

 

どうか大倉くんに平穏な日々が戻りますように。私には願う事しか出来ないけど…

 

 

 

さて、私事ですが風邪を引いた。今年初めてだと思う。くしゃみから始まって関節の痛み鼻水微熱。

 

キツイなー風邪って。

 

そんな風に身体にダメージを受けているのにTwitterのTLにはベストヒット歌謡祭やら紅白やらのアカウントから続々と情報が…。紅白はまだ司会者決定だけだけどなかなかキツい。とても精神的にキツい。

 

だったらフォロー外せばいい。

 

と言う話だけど、何となく外せないんだよなぁ。うーん。

TOKIOが出ない音楽番組の情報知っても仕方ないのに。

 

 

何も言わないのはきっと何かしてるんだ。あ、TOKIOの事ね。ボーッとするとすぐ考えちゃう。ほんとにすぐ。

 

 

そして何回同じ事を書けば気が済むのかと自分でも思うけど、やっぱりこうとしか思えないんだ。どうしても無理ならTOKIOくらいのベテランだったら〝活動休止〟とか〝充電〟とか発表すると思う。

 

何も言わないのはバンドやるにあたって動いてるに違いないからだきっと!智也の目情が全くないのは自宅で音楽に関する何か(めっちゃテキトーな表現)をしてるに違いないからだきっと!

 

 

…違いないよね。

 

 

4人で集まって音合わせてるかな?

茂ちゃんはギター

太一くんはキーボード

マボはドラム

智也はボーカルとギター

腕が落ちないように練習してるよね?

 

 

1日休んだら取り戻すのに3日かかるって聞いた事あるよ。1ヶ月休んだら3ヶ月だよ。

 

 

見たいよ。TOKIOが見たいんだよ。

悪いけど他のグループ見てもときめかない。カッコいいとか上手いなとか思うけど、ドキドキするのはTOKIOだけ。

 

別格。

f:id:harurum_11o7:20181112030659j:image

よく見たら去年の紅白カウコンの衣装、めちゃめちゃカッコイイな。レザーでスタッズが付いてたりライダーズ風だったりして。見飽きた『theステージ衣装』じゃなかったよね。

おじさんなのにこんなハードな衣装が品良くサラッと似合うのTOKIOだからだよ。

ああー会いたい。

f:id:harurum_11o7:20181112030721j:image

去年の紅白のオープニング。

オシャレだなぁ。

やっぱり紅白に出ないのは寂しい。

でもそれは思っても仕方がない事。

f:id:harurum_11o7:20181112030831j:image

紅白じゃなくてもいいよ、煌びやかなステージへ戻ってきて。

ついて行きたくなる背中、見せてよ…