I wanna be with you…

ハルと申します。長瀬智也くんとTOKIOが大好きです!智也の事色々語りたい…

雑誌『GOETHE』を読んで思った事

※『GOETHE』の記事について触れているので
ネタバレダメな方は読まないでね!







最新号の『GOETHE』での智也は
なんと言うか…
じっと見られない程の色気の圧を
紙面から感じて苦しいくらいである。


エンポリオ アルマーニ
ライダーズを着用しているのだが
私の乏しい語彙では表せないから
まだの方は絶対『GOETHE』を買ってほしい。
その記事の最後で智也はこう語っている。
(以下『GOETHE』より)



「ガキの頃、雑誌を見てバイカーのスタイルに憧れていた。こうやって自分が紙面に出るようになって、後世のバイク乗りが後々このページを見て、ひとりでもカッコイイと思ってくれたらイイ。その意味でも電子書籍ではなく、紙の雑誌のよさっていうか、紙媒体へのリスペクトを改めて感じたね」



すごくわかる!
とても共感する!
紙の雑誌は何年経っても
何十年経っても保存状態が
余程悪くない限り手に取って見る事ができる。


それに反して
電子書籍は小さな端末の中に
何万という本を持ち歩くことができるが
その端末が壊れたら終わりである。
何十年も先まで壊れずにある事なんて
考えられない。
…あ、でもあれか、
マイページみたいなのでログインしたら
見られるのかな?
ごめん、買った事がないからわからないの。



昨日、ずっと撮り溜めて保存場所にも
困るくらいになってきたディスクを
引っ張り出して観ていた。
…というか観ようと思って
デッキにセットした。


読み込みが遅い
やけに遅い
こういう時は…と嫌な予感。
しばらくして切り替わった画面には

「非対応ディスクです」

と冷酷な文字が…。
やっぱり。
ファイナライズもしてあるのに
読み込めないなんて。



ビデオからディスクへと変わって思うのは
ビデオは少しくらいのテープの傷なら
映像や音声はとんでもないことになってても
何とか再生出来たりするけど、
ディスクはほんの小さなダメージでも
あっという間に見られなくなって
「何しても無理ですよー」
って塩対応で冷たいと思う。
たまにクリーニングすると
復活したりもあるけど経験では
無理な事がほとんどである。



話を戻すと
紙媒体の雑誌ならきれいに1冊のまま
保存しておけばもちろんの事、
欲しいページだけ切り取って
ファイルしておいても遠い未来に
読む事ができる。

ヲタクにとってこんなに嬉しい事はない。
私も中古雑誌や切り抜きや写真を
たくさん購入した。
ヤフオクとかAmazonとか
…なんだっけ?
あるじゃん上州屋じゃなくて


………!!!


駿河屋!!!

これは以前駿河屋で買った写真。








いてもたってもいられなくなって
ちょっと駿河屋を覗いてきた。
ない。
全然ない。
ずっと前に買った時は
選ぶのに困るくらいあったのに
ほとんど売り切れ。
でも何とか見つけ出して購入。
TLで見て欲しいと思ってたのが
1枚あったし他にも少しあったから
買い漁ってしまった。
と言っても送料無料になる
1,500円くらいだけど(笑)


と、まあこんな感じで紙媒体なら
TOKIOの長い歴史の中の1ページを
買う事ができるのだ。


私はTOKIOがデビューして
7年程経った時にファンになった。
でもジャニショにも小っ恥ずかしくて
すぐには行かなかったし
雑誌を今のように多く購入する事も
始めのうちはなかった。
だから中古で買えることが本当に有難い。
これも紙媒体だからできる事。


この文章を書いていてこんな事を思った。
私が死んだ後でも、
TOKIOや智也の紙媒体は
保存しておいて貰おう。
そして、私の孫やその後の世代に
おばあちゃんはこんなに素敵な男性の事が
ずっとずっと長い間好きだったんだよと
知って貰おう。


知ってもらったからと言って
なにがどうなるわけでもないけど
とにかくそうしてもらおうと思った。
そのためには(!?)娘達に
孫を産んでもらわなければ!
いや、結婚してもらわなければ!

書きたいことがいっぱいあってとっ散らかってます。

昨日のタヒチの写真…
何かのメッセージかな?
真顔だし…
気になるけど今は置いといて


さて
今日はTOKIOのデビュー日だ。
24周年…約四半世紀。
来年の節目を前にTOKIOにとって
とてつもない事が起こった。
これを転機にするかどうかは
これからの彼らの活動によるだろうし
彼らの心の中までは分からないけど
バンド以外は順調なのではないだろうか…
4人でCMに起用されたり
DASHの視聴率がガタ落ちしないのは
その証拠だと思っている。


私はといえば、4人のTOKIOには
もうすっかり慣れた。
(まだ無理な方ごめんなさい)
心の中にはいつもいるけどね。
でもこうして無理矢理にでも
慣れていくことが大切だと思う。
活動を続けている彼らがいるんだから…


しかし色んな話題で時々エゴサすると
未だにぐさりと来る
悪ふざけツイートする輩がいて
落ち込む事もあるけど、
そんなのをスルーする心の免疫もついた。
当時はとても耐えられなくて
エゴサ自体一切できなかったからな。
強くなったもんだ。


昨日仕事の途中で日にちを確認するために
カレンダーアプリを開いたのだが、
ロック画面にジャニWebからのお知らせが
届いてるのを目にしてそれからの業務が
若干うわの空だった。


…あとで確認したら
結局いつものお知らせだったけど。
やっぱり何もないのかな。
なんかそういうのやらないもんね。

でもさ、冒頭に書いたけど太一くんは
引っかかるなぁ。
匂わせやがって…。
気になってしゃーないじゃないか。




さてここで話をガラッと変えるけども、

先日のトキカケがまだ放送前の日曜日に
たまたまイッテQからの流れで行列を観た。
そこで見た平手ちゃんはあんまり
感じが良くなかったな。
歌番組でしか彼女を見た事がなくて
そこでの彼女もほとんど笑顔を見せず
話もせずという感じだったので
この子はこういう子なんだと思ってた。


でも、トキカケで見せた顔は
普通に話す普通の女の子だった。
いっぱい笑ってたし。
ときおじさんにとって厳しい言葉も
(おじさんを自覚させられるような)
言ってたけどそれは北川さんも言ってたし。

ほとんどバラエティやトーク番組で
見かけない平手ちゃん。
ファンの方はどう思ったのか
気になったのでエゴサしてみたら

TOKIO兄さんありがとう」
「テレビ番宣の中で一番よかった」
「てちがリラックスしてた」
「キャロかった」
(キャロい=てちかわいい。らしい)
「アイドルの先輩だから安心できる」
…等々
たくさんうれしいツイートが並んでた。


そうなのですよ。
みんなうれしいんです。
素顔が少しでも見られる事が。
ファンの人が聞いた事ないお話も
あったみたいだし。
良かった良かった。


ツイートもしたけど
そしてみなさんの共感もたくさん頂いたけど
みんなテレビでしか見られない事を
見たい。
その辺にゴロゴロしてる下世話な話なんて
いらん。
スタッフも知ってるんでしょ?
だからこの前は素人VTRなしだったんでしょ?
もうやめようよああいうの。

トークだけでも十分だし、
それ以外ならあの体幹レーニングとか
次回のキャリーちゃんの
スマホゲームとかは楽しそう。


「とにかく素人は黙っとれ」
(企画したのはテレビ側だけど)
ですから。本当に頼む。
素人企画やめるだけだから簡単ですがな。

そうだ!喜びのメールをしとかナイトね。




おっとそれからこれを言わなくちゃ!
みなさんGOETHEは買っただろうか?
最新号が今朝(なぜ朝?)届いたんだけど

『ヤバいエロい美しい』

これだから智也担はやめられない。



最後にもう一度TOKIO

24回目のお誕生日おめでとう!

いつかまた
5人で過ごせる時が来ますように。

TOKIOに直接伝えられたらどれだけ幸せだろう

ライブしてとか
ツアーやってとか
言わないから

あたりまえに
ただ歌う姿を見たい
ギターを弾くのを見たい
TOKIOのハーモニーが聴きたい





先日、
Mステウルトラフェスを見て
色んなグループを聴いて
ちょっと思う事があり、
夜中にイヤホンで
TOKIOのハモリ曲を聴いてた。
イヤホンを通して改めて思ったのは
TOKIOって個人個人の声が
はっきり前に向かって聴こえてくる。
でもバラバラじゃない。
そしてやはりハモると
めちゃくちゃ
声のバランスが美しいなと。



山口くんがいなくなって
そのハーモニーがどうなるのかな…
ベースだけじゃないね。
TOKIOが音楽を再開させるには
これも大きな障害だなぁ。


だけどさ、何となく大丈夫だと思う。
何となくで言うな
「素人は黙っとれ」
ですかね?



先日のDASHで流れた『戯言』聴いて
「上手いよな」と旦那が言ったから
TOKIOはみんな上手いんだよ」って
言ってたんだけどね。



高音は
茂ちゃん(マジでボイトレしてるなら尚更)と、
マボで何とかなりそうだし
低音は安定の太一くんがいるし。



でもいっぱいあるね
考えなきゃならない事が。
作り替えなきゃならない事が。



やっぱりまだ無理なのかな。



時期が近づいて来て
どうしても気になって
仕方ないのが紅白の事。
視聴率落ちたとかつまらんとか
言われるけど
やっぱり紅白は別格で
積み上げてきた連続出場が
途切れるのが辛い。



そんな事
気にしなければ
いいんだけどさ



昨日やってた
安室ちゃん引退SPの番組中で流れた
彼女が出産による活動休止の
区切りにしたのも紅白だったし
そこから活動再開したのも紅白、
「みなさんへの25年分のお礼の気持ちを
伝えるために出なければと思った。」
から14年ぶりに出たのも紅白で…


やっぱり紅白はそういう場所なんだな。


TOKIOも外野にやいやい言われながらも
ずっと出てきたな。
…でも…
…色々考えると…
うーん…やっぱり無理かなぁ。




だったら何か言ってくれないかな
(くどいけど言いたい)
これから年末にかけて
大型音楽番組が目白押しだ。
何か言ってくれれば
出なくても
それを支えにできる。



921はもうすぐ



音楽やるとかに限らず
ファンクラブのメールででも
何か発信してくれるんじゃないかと
ちょっと期待してるんだけどな。




まぁそれもなかったら
まだまだ
全然まだ無理
俺たち無理だからよろしく!
って事なのかな(笑(;;))…

すいませーん。ずっと地味に病んでますー。

テレビでずっと観ていた人や
昔テレビでいっぱい観てた人が
こんなにいなくなる年はあっただろうか。
いや初めてだ。


訃報
引退
解散
脱退…


何事も永久に続く事なんてなくて
変わらないものなどない
って知ってるけど、
それにしても今年は多すぎる。


辛いなぁ…


どうしよう。
そんな事考えてる上に
病み期が地味に続いてるから
ネガティブな事ばかり書いちゃう。



「23年間バンドとしてやってきた」
「彼の音がなくなったら全く形にならない」
と、あの日の記者会見で言ってた。
でもその発言の最後に
「みんなでゆっくり考えて行こうと思う」
とも言ってた。



まだ考えてるのかなぁ。
考えてるんだろうなぁ。



私はアニバーサリーの年に
TOKIOが音楽番組に音楽活動を
ピックアップされなかったのが
未だに悔しくて不思議で仕方がない。
教科書に載りそうな高尚な所へ
案内してくれる番組はあった…
もちろんそれはありがたい事だったけど。




さっきたまたまつけたテレビで
Mステウルトラフェス。
ヒガシを筆頭にキンプリとジャニーズJrで
Johnnys mini IsLANDが始まった。


キラキラしてるキラッキラしてる。
ジャニーズはやっぱりこうだよね。
ジャニーズは音楽とキラキラだ。
ステージに立つとキラキラを放つ
オーラこそがジャニーズの強み。


やっぱりステージに立ってほしい。
ダンスしなくても楽器持って
ライトを浴びてオーラを放ってほしい。


そんなTOKIOが観たい。

言ってくれなきゃわからないんだからね!

会報について触れている部分があります。
みたくない人は気をつけてね!



タッキー&翼の解散を受けて
太一くんがビビットに寄せたコメントに
今になって若干の恐怖を感じている。
最初聞いた時は
先輩なのに後輩みたいなコメントだな…
なんてお気楽に思ってた。

「僕より大人の決断をしたんだな2人は」


ここから受け取れる意味を
早々に読み取った方もいて
その人なりの解釈を呟いていたな。
ちょっとどんなんだったか
忘れちゃったけど…。







タキツバファンの方が
タッキーが裏方に専念する事を
「〝翼がないから飛べない〟んじゃなくて
〝飛ばない〟選択をした」
と解釈しているのを見たら、
タッキーの翼くんへの
強くて深い思いが伝わってきた。
それも理由のひとつなのだろうか…。
タッキーは表舞台から退く事を選んだ。




でもね違うから
太一くん、TOKIOとは状況が違いすぎるから。
〝僕よりも大人の〟なんて言わないで。


この発言で思うのは太一くんは
TOKIOを続けていくことを
ちょっと言葉は悪いけど
TOKIOにしがみついてる〟みたいに
表現してるのかなって。


…違うかな。


そんな事ないよ。
TOKIOだってTOKIOなりの
大人の選択をしたと思う。
だってTOKIOの4人にとっても
ファンにとっても寝耳に水の出来事。


そんな中での4人の対応は
充分すぎるほどだったと思う。
自分達だって想像できないほど
傷ついているだろうに休むこともせず、
そして今もTOKIOでいてくれる事に
私は感謝している。


それをもしも〝解散〟とか〝活動休止〟
と言う道を選んでいたとしたら…
想像できないししたくない。
でも、そういう選択肢も
あったのかもしれない…のかな?


こわいこわいやめてけれ
ダメ!ぜったいダメ!
(落ち着け私)


グループにはグループそれぞれの形がある。
だからTOKIOTOKIOが決めた選択を
大切にして欲しい。


あと、私たちファンの事も
少しだけお願いします。
昨日も書いたからくどくなっちゃうけど
バンドの行く末が明確じゃない今、
いつもいつも不安な気持ちが
拭えないでいるファンがいる事も
ちょっと思い出して貰えたらなって。


ごめんねホントに…
口を開けばバンドバンドって。
TOKIOがバンド活動を
とても大切に思ってるに違いないから
慌てて決めることはできないと
分かってはいるけど
TOKIOの基礎の部分は
バンドだって思ってるから
どうしてもしつこくなってしまう。


しつこい私は昨夜
またジャニーズWebに
メールをぶち込んでしまいました。


司会
俳優
タレント…

あとは〝ロックバンド〟でしょ?

あんなに
「僕たちはバンドだから」って
言ってたじゃん。
ことある事に言ってたじゃん。


待ってるんだよ。


私たちはいろんな所に
気持ちを届けながらずっと
いい子にして待ってるんだよ。


「言わなくてもわかる」
は、ありえない。
言ってくれなきゃ聞こえない。
発信してくれなきゃ届かないよ。

タッキー&翼が解散した。WOWOWで安全地帯を観た。TOKIOの会報が届いた。

この記事の最後で
会報について触れています。
見たくない人は絶っっっ対読まないでね!




タッキー&翼が解散した。

夜中のTLに流れてきた。

本当にいつ何がどうなるのかわからない。
自分が思い描き望む永遠なんてないんだ。


翼くんは病気をきちんと治すため、
タッキーはプロデュース等の
裏方に専念するとの事。
一年かけて話し合って決めたらしい。


翼くんはとにかく治療に専念できるといいな。
メニエールって原因が
はっきりしないみたいだけど、
ストレスからくる事が多いようだから…
身体が資本だもんね。


そして今朝になってタッキーの新たな情報が。
ジャニーさんが設立する養成所の
校長になるとのニュース。
そうか、ジャニーズも変わっていくね
その大きな第一歩になるんだろうか。


でも…
何かほんの少しでもいいから
こうなる心構えが持てるような情報を
ファンの人達だけにでも
伝えられなかったのかな…って思う。

「解散します。」

じゃなくて

「解散しました。」

は、やっぱりキツいよ。





グループとかバンドって言うのは
やはり1人じゃないから色んな事を
乗り越えていかなきゃいけないんだな。




昨日WOWOWで放送された
安全地帯の35周年アニバーサリー
武道館ライブの録画したのを
旦那が見始めたので一緒に観てた。


上手いなー玉置さん。
歌声が全然変わってない。


そう言えば私、多分アルバム持ってた。
一番メジャーだった頃の。
録画観てたら知ってる曲がたくさんあって
超有名な曲じゃなくても
イントロ聴いただけですぐわかるのもあって
そう言えばそんな気がするって
思い出した。


まだ〝LPレコード〟だった時代…
カセットテープに入れて
ウォークマンでずっと聴いてた。
…懐かしいなぁ。


バンドスタイルだからどうしても
TOKIOと被る。
ギター持ってスタンドマイクで
歌う玉置さんが一瞬智也に見えたり
キーボードの人が鍵盤に手の平で
スライディングさせるのを見て
〝あ!太一くん〟って思ったり
ギターを立てて引く様子は
〝茂ちゃん!!〟ってなったり。

後ろのアンプに置いてあるペットボトルまでも

〝一緒やぁぁぁーーー(;;)〟って…



自分でも嫌になるくらい
TOKIOを連想しては涙する時間だった。
ごめんなさい、もちろん安全地帯の曲も
歌声もとても素敵だったです。


一時期の玉置さんのちょっと不可解な行動の
印象が強すぎて敬遠してしまってたんだけど、
この放送を観てあまりの変わらなさに
「すごいなー(語彙)」って思った。
私が何となく知ってるよりも
もっとたくさんの出来事を乗り越えて
(wikiった)今があるんだね。



そんな素晴らしいパフォーマンスだった
安全地帯を観たあとだからこそ
こうも思った。



私はもうベースをどうしようと
誰かのサポートを受けようと
なんだろうと
TOKIOのメンバーが納得した形なら
受け入れるよ。

あ?これ前にも書いてる?

もうなんでもいいや。
とにかく私は
TOKIO以外の誰かなのは嫌だ」
と思わない。
彼らが決めたやり方ならそれを受け入れる。
そして楽しんで聴くし観るよ。


何よりも今の状態が辛いから。


だから怖がらないで
音楽をやって欲しい。
新しい世界に飛び立ってほしい。




そんな私たちに
何か言葉を届けてくれるかと待ってた
会報が届いた。


まるでその分野だけ避けているかのように
いや「いるかのように」じゃないな、
明らかに〝避けている〟会報が届いた。
音楽活動に関しての言及は何もなかった。


これが、いつのインタビューなのか
いつ撮られた写真なのか分からないけど
(太一くんが載せてたのは
撮ったその日じゃないよね?
溜まってた写真って
確か書いてあったから)
だから随分前なのかな?


いずれにしても

『まだその時じゃない』

って事?

『まだ無理です』

って事なのかな?



だけど、気持ちが決まったら
もし万が一それが私たちにとって
辛く悲しい決意なら
いきなりのお知らせはやめてね。
少しずつ何らかの形で匂わせてね。
いきなり辛いお知らせだったら
私は二度と立ち直れないかもしれない。
4月のあの日よりももっと絶望的なダメージを受けると思う。


絶対にそんな事はないと信じてるけど
もしも…もしもそうなら
お願いします。
くれぐれもお願いします。



でもね、うれしいお知らせなら
いきなりでも全然いいよ。
ぜんっぜんいいよ!!
いきなりのお知らせで
びっくりして
ぎっくり腰になりたいわ。


……。



ではこの辺で失礼致します。

担降りなんてできないけど

危なかった…
もう少しで担降りするかもしれない
ところだった。


昨日外での仕事をしながら、
(それなりに頭は使うけど
慣れてはいるので他事を
考えながらできるのである)
後輩グループのライブでの発言とか
真正面からファンに向き合う感じとか


そうやって表現してくれるのが
ただただ羨ましいと。
私もそういうパワフルなファンサに
包まれてみたいと。




あとなんか有名な人々が
「〝後輩グループ〟のライブ
行ってきましたー!」って呟いたりするの
見たりしてたら


なんか幸せそうだな。
羨ましいな。


そんなふうに思ってしまった。
希望に満ち溢れているなと…





だけど、
家に帰って何気なく
以前使っていたXperiaにパンパンに
詰まってる画像を見て
(いい加減Googleフォトに
移さなきゃな〜って)思ってたら


だめだ。
担降りなんて無理だ。
この姿を見てもなんのときめきも
感じなくなるなんて至難の業だ。

インコみたいな衣装だって
「ああーめっちゃジャニってる!」
ってなるし

鬼になったって原画よりカッコよくて

歌ってる横顔も

リストバンド付けてる腕にまで
ドキドキするのである。



パワフルでストレートなファンサは
もらえるかもしれないけど、
すっごく楽しそうだなって思うけど、
やっぱり私は智也がいるTOKIOじゃないと
ダメだと思ったんだ。



そしてその智也を末っ子として甘やかし


でも智也が若かりし頃


「爪を噛むのはあかん!」と叱った
茂ちゃんがいて


デビュー間もないステージで
「動きが少ない!もっと動いて!」
と叱った太一くんがいて


初めてのゴルフに誘った時
アロハと短パンで来るだろうと想定し
ウェアを2着用意して智也に恥をかかせまいとしてくれた優しいマボがいて…


一番書きたい山口くんのエピは
辛くなるので割愛



そんなお兄ちゃん達がいる
TOKIOじゃないとダメだと思った。
(〝お兄ちゃん〟て表現する歳でもないけどな!
でもお兄ちゃんには違いないよな!)



ジャニーズ=ステージからのファンサ
と考えない事にしよう。
私は何を今更言っているんだ?
今まで行った他のアーティストだって
濃密なファンサなんてなかったじゃないか
第一TOKIOはバンドスタイルなんだから
どうやってするんだよ。
楽器持ってない時間なんて
ほとんどないんだよ。



ステージで歌を歌って届けてくれたり
テレビ番組や雑誌の取材やイベントで
ポロっと届けてくれる。
それだって立派なファンサだし
それを貪るように受け取るのがトキオタだ。


そんなジャニーズがいてもいいじゃないか


それがTOKIOだから。



※勝手な事言ってごめんね。
これは私個人の考えです。
他と比べてしまって生まれた
辛い気持ちを封じ込めるための逃げ道です。
そこんとこよろしくお願いします。